すとれっちタイム

ちょっと一息、深呼吸。そんな時に読みたいブログ。

「人生はお金じゃない」なんて言わないで。

f:id:tomyblog13:20170709134300j:plain

「人生はお金じゃないんだ」「夢と感謝に生きよう」

そんなことを言う大人がちょっとキライだった時期がありました。

 

『人生はお金じゃない』

言いたいことはなんとなくわかります。

しかし、このセリフを口にする人は

  1. お金に恵まれない人生で、お金から逃げている人
  2. 十分なお金を持ち、お金から解放された人

のどちらかだと思います。

 

お金から逃げている人の言葉には耳を貸す必要はありません。

なぜなら「負け惜しみ」が含まれているからです。

「持っていない人が、持ったこともないものを、持っていない方がいい」

と言うこと自体がおかしいと思うのは私だけでしょうか。

だからそういう人には「そうなんですね。大変ですね」と言っておけばいいと思います。

 

 

厄介なのは「お金から解放された人」が言う「人生はお金じゃない」の言葉です。

 

成功者のその言葉を聞くと

「なるほどな、人生はお金を追い求めちゃいけないのか」としみじみ感じてしまいます。

 

するとせっかくお金を手にするチャンスが回ってきたとしても

「いやいや、人生はお金じゃないから。私は別にいらないよ」

とあえて避けてしまうことがあります。

 

 

お金を稼ぐ、つまり収入とは何かを突き詰めて考えれば、それは「影響力」です。

 

どれだけの人を楽しませたか、どれだけの人を幸せにしたか、どれだけの人を笑顔に導いたか、が収入の大きさにつながります。

要するに「影響を及ぼした人の”数”の多さ」です。

 

10人を幸せにするサービスを行っている人と、10,000,000人を幸せにするサービスを行っている人がいたとしたら、後者のほうが収入は大きくなります。

だから「お金を稼ぎたい」と思うのであれば、

『より多くの人を幸せにできるサービスとは何か』を考えていく必要があります。

 

「人生はお金じゃない」「お金なんてもたなくていい」という言葉は、自分の存在を否定することにもつながってしまいます。

 

だからこそ、堂々と言えばいいと思います。

「わたしはたくさんの人を幸せにしたい。それによってお金持ちになりたい」と。

 

人生にとってお金は大切です。

大切なことを大切だと認識することがすべてのスタートだと思います。